ネット巡る消費者相談が急増 女性・高齢者ら架空請求など

2011/12/9付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インターネットを巡る消費者相談が急増している。国民生活センター(東京・港)によると、相談件数は2001年度に7229件だったが、昨年度は15万5832件と10年間で約20倍に増加。ここ数年はアダルトサイトを巡り女性が相談するケースや、60歳以上の高齢者が出会い系サイトの被害に遭っているのが特徴だ。

首都圏在住の主婦(50)が今月3日、子供が見ているパソコンサイトの履歴を見て、サイトに進入すると、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]