/

1票差当選無効の候補、くじ引きで逆転 渋谷区議選

昨年4月の東京都渋谷区議選を巡り、最高裁決定で得票が同数となった2人によるくじ引きが5日、区選挙管理委員会であった。松岡定俊氏(57)=自民=が当選者と決まり、小柳政也氏(45)=みんなの党=の落選が確定した。

区議選では小柳氏が最下位当選し、松岡氏が1票差の次点だった。都選管は昨年7月、「1票は無効」とする松岡氏の申し立てを受け、小柳氏の当選無効を裁決。小柳氏はこの取り消しを求める訴訟を起こしたが、最高裁は認めず、2人の得票数が並んだ。

当選した松岡氏は「ようやく選挙が終わった。豊かな区をつくりたい」と決意表明。小柳氏は「どういう進路を取るかは家族と相談して決めたい」と言葉少なだった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン