パンダのシンシン、偽妊娠正式判断 東京都

2013/8/5付
保存
共有
印刷
その他

東京都は5日、上野動物園(台東区)のジャイアントパンダ、シンシン(雌、8歳)が実際には妊娠していない「偽妊娠」だったと正式に判断した。食欲が回復していることやホルモン数値の推移から「今期の出産はない」としている。

同園は3月、シンシンと雄リーリー(7歳)の交尾行動を確認。5月下旬にはシンシンの食欲が減退するなど妊娠の兆候が認められ、6月4日に公開を中止。しかし、偽妊娠の可能性が高まり、7月2日に公開を再開した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]