宮城で鳥インフル陽性 死んだオオハクチョウ

2012/1/5付
保存
共有
印刷
その他

環境省は5日、宮城県角田市で死んだオオハクチョウ1羽の遺伝子検査で、鳥インフルエンザウイルスの陽性が確認されたと発表した。強毒性の高病原性かどうかを調べている。

昨年秋以降、遺伝子検査の陽性は松江市のコハクチョウに次…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]