2019年2月23日(土)

「脱法ドラッグ許さない」 東京・池袋で撲滅集会

2014/7/5付
保存
共有
印刷
その他

車の暴走事故で8人が死傷した東京・池袋で5日、事故の引き金となったとされる脱法ドラッグの撲滅を目指す集会が開かれた。田村憲久厚生労働相も出席し、繁華街をパレードするなどして違法薬物対策への協力を呼び掛けた。

豊島区や地元の団体などでつくる実行委員会が開催。雨がぱらつく中、JR池袋駅西口の広場で約千人が事故の犠牲者に黙とうをささげた。

田村厚労相は、脱法ドラッグが「お香」などと称して販売されることについて「人体に影響がある薬物を吸引目的で売っている。決して許してはならない」と話し、薬事法の取り締まり対象となる違法薬物の指定を推進していく考えを示した。

事故現場に献花した後、参加者たちが長い列をつくってパレード。「脱法ドラッグ反対」などと声を張り上げながら約900メートルを歩いた。

事故は6月24日夜に発生。中国人女性(30)が死亡し、男女7人が重軽傷を負った。逮捕された男は警視庁の調べに「運転前に脱法ハーブを吸った。途中から全く記憶がない」と供述した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報