/

橋下氏、ツイッターの書き込み控える意向

日本維新の会代表代行の橋下徹大阪市長は5日、短文投稿サイト、ツイッターの選挙期間中の利用について「現行法上、公職選挙法での文書制限があり、ネットも文書にあたるという総務省の見解もあるので、バカらしいがそれを踏まえる」と記し、書き込みを控える考えを示した。

橋下氏は公示日の4日以降もツイッターでの発信を続け、総務省がツイッターを含むインターネットでの選挙運動を認めていないことを「バカみたいなルール」と批判していた。

藤村修官房長官は5日午前の記者会見で、橋下氏のツイッター発信について「政府は適法か違法かを判断する機関ではない。しかるべき機関で判断される」と述べた。同時に「一般論で言うと記載した内容によっては公選法の規定に抵触する」と指摘した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン