2018年12月19日(水)

大学新卒8万7000人が就職・進学せず 文科省調査
不登校の児童生徒は2年連続改善

2010/8/5付
保存
共有
印刷
その他

今春大学を卒業したのに進学も就職もしなかった人は約8万7千人で、前年度より28.3%増えたことが5日、文部科学省の学校基本調査速報で分かった。大卒者全体に占める割合は16.1%で前年度に比べて4.0ポイント上昇した。

一方で就職率は60.8%で同7.6ポイント低下。不況で企業が採用を絞った影響で、就職をあきらめた人も多かったとみられる。

また同調査によると、2009年度に不登校で小中学校を長期間欠席した児童生徒は12万2432人と、前年度に比べて約3.4%減った。減少は2年連続で、全児童生徒に占める割合も1.15%で0.03ポイント減った。同省は「依然高い水準で不登校問題は深刻だが、スクールカウンセラーを増やすなどした成果が出た」としている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報