/

フィリピン人妻ら5人を逮捕 日本人男性殺害容疑で

【キダパワン(フィリピン南部)=共同】フィリピンのマニラ首都圏郊外のカビテ州で昨年12月、神奈川県出身の新倉英雄さん(61)が拳銃で撃たれて殺害された事件があり、地元警察が殺人容疑で40代の妻メリンダ容疑者らフィリピン人5人を逮捕していたことが5日、国家警察などへの取材で分かった。

5人の中には実行犯とされる男やメリンダ容疑者の前夫もおり、犯行に使われたとみられる拳銃が押収された。

警察などによると、メリンダ容疑者は新倉さんから家庭内暴力を受け、恨みが募っていたと供述し、容疑を認めている。実行犯とみられる男に10万ペソ(約21万5千円)を支払い、殺害を依頼したという。

逮捕容疑は、5人が共謀し、昨年12月29日午後、カビテ州ダスマリニャスの公設市場で、買い物をしていた新倉さんを殺害した疑い。男が新倉さんに無言で近づき、頭を拳銃で撃って逃げた。

新倉さんは昨年、フィリピンの永住権を得て移住していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません