/

東電、汚染水処理を計画停止 別系統の処理再開準備で

東京電力は5日、福島第1原子力発電所で試運転をしていた新型の汚染水浄化装置(ALPS)の汚染水処理を停止したと発表した。試運転中の系統とは別系統の処理再開に向け、計画的に止めた。8日に処理を再開する見通し。

この設備はA~Cの3系統あり、C系統のみ試運転をしていた。東電は、今月下旬をめどに処理開始を目指すA系統の準備作業の一環として、吸着剤を交換する。この際、排出される廃液の処理をC系統で行うため、計画的に汚染水の処理を停止した。

ALPSは、汚染水からストロンチウムなど62種類の放射性物質を取り除くことができる。東電や政府は、増え続ける汚染水対策の柱の一つとして本格稼働を目指すが、9月末に試運転を始めたC系統では、作業ミスやシステム設定の問題による停止が続いている。4日にも約12時間停止し、試運転を再開したばかり。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン