/

放射性物質強奪の2人、危険な状態に被曝か メキシコ

【ロサンゼルス=共同】メキシコ市近郊で3日、医療用の放射性物質「コバルト60」を積んだトラックが2人組の男に奪われた。トラックは4日に見つかり、近くで高い放射線量が検知された。男らが密封容器を開封した後、放射性物質を捨てたとみられる。メキシコの原子力規制当局者が明らかにした。

この放射性物質は近くにいる人が数分で死亡する恐れがあり、男2人は危険な状態まで被曝(ひばく)したとみられる。当局は2人の行方を捜すとともに、現場から持ち去られた放射性物質がないか確認を急いでいる。

放射性物質は病院でがんの放射線治療に使用されたもの。放射性廃棄物の管理施設への搬送中に奪われており、安全管理の課題が露呈した。

トラックは奪われた場所から約40キロの地点で発見され、放射性物質の容器は開封されていた。そこから1キロほど離れたところで高い放射線量が確認された。

トラックの運転手が3日未明、ガソリンスタンドに止めた車内で仮眠中、銃を持った2人組の男が近づきトラックごと強奪。2人は積み荷ではなく車両を狙ったとみられる。AP通信などによると、奪われた物質は放射性物質をまき散らす「汚い爆弾」の材料になる。

コバルト60は人工的に生成される放射性物質の一種で、がんの治療や工業製品の非破壊検査などに使われる。タイでは2000年、放置された医療器具に含まれていたコバルト60が原因で住民が被曝し、3人が死亡した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン