2019年9月20日(金)

東電が公聴会で社員動員 福島で05年、原発推進に賛成意見

2013/4/5付
保存
共有
印刷
その他

内閣府の原子力委員会が2005年8月に福島市で開いた公聴会で、東京電力が社員ら35人を動員していたことが5日、分かった。公聴会での23人の発言者のうち6人が東電関係者で、原発推進に賛成意見を述べたという。東電は「当時の関係者から事実関係を調査中」としている。

東電福島復興本社の石崎芳行代表が4日、福島第1原発で3月に起きた停電トラブルを謝罪するため福島県川内村の遠藤雄幸村長を訪ねた際、併せて報告し陳謝した。

05年の公聴会は、原子力政策の基本方針となる原子力政策大綱の策定に向け、福島市を含む全国5カ所で開かれた。

東電や議事録によると、福島市の公聴会は135人が出席し、このうち35人が東電や関連企業の社員だった。

この年の公聴会をめぐっては、九州電力も佐賀市での公聴会で大量動員をかけていたことが明らかになっている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。