/

志賀原発の防潮堤公開 北陸電、長さ700メートル

北陸電力は5日、東京電力福島第1原子力発電所事故を受けた安全対策の一環として、志賀原発(石川県志賀町)敷地内に9月末に完成した高さ4メートル、全長約700メートルの防潮堤などを公開した。

防潮堤は海抜11メートル地点に建設。鉄筋コンクリート製で、仮に津波が乗り越えても、敷地内に海水がたまらないよう42カ所に排水ゲートを設けた。

また志賀1、2号機で計4つある取水槽、放水槽の周りを高さ4メートルの鋼鉄製の防潮壁で囲んだ。1、2号機はいずれもタービン建屋が海抜11メートル地点、原子炉建屋が同21メートル地点に立地している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン