/

大分の2歳女児不明、母親を死体遺棄容疑で逮捕

(更新)

大分県日出町のスーパーで昨年9月、当時2歳だった江本琴音ちゃんが行方不明になった事件で、大分県警は5日、死体遺棄の疑いで、琴音ちゃんの母親の優子容疑者(35)=同町川崎=を逮捕した。同容疑者は自ら、琴音ちゃんが行方不明になったとして110番していた。県警によると、同容疑者は「子供の遺体を捨てた」と容疑を認めており、動機や琴音ちゃんが死亡した経緯を調べている。

県警は5日午前から任意で事情を聴き、供述から優子容疑者を同町の雑木林に同行、午後2時半すぎ、長女の琴音ちゃんの骨とみられる骨片が地面に露出した状態で見つかった。着衣や所持品は発見されなかった。県警は6日朝から骨片の発見現場や自宅を捜索、骨片のDNA鑑定を進める。

逮捕容疑は昨年9月13日ごろ、同町大神の雑木林に琴音ちゃんの遺体を遺棄した疑い。

優子容疑者は昨年9月13日午後2時前、日出町のスーパー「マルショク川崎店」の駐車場で、買い物のため5分ほど車から離れた間に琴音ちゃんがいなくなったとして110番していた。

当時、優子容疑者は白いワゴン車でスーパーを訪れ、「出入り口から約20メートル離れた場所に車を止め、長女は後部座席のチャイルドシートで寝ていた」と説明していた。

直後にはスーパーの店員らに「娘は眠っていて起きなかった。買い物で少し離れただけなのに、どうしよう」と、うろたえた様子で話していたという。

行方不明になった直前に琴音ちゃんの姿を見た人がいないことなどから、県警は優子容疑者が何らかの事情を知っているとみて任意で事情を聴き、捜査していた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン