/

既存の100円ライター、来年9月から販売禁止

子供の火遊びが原因とみられる火災防止のため、政府は5日、既存の使い捨て100円ライターを来年9月27日から販売禁止とする政令を閣議決定した。子供が操作しにくい2段階操作、レバーを重くするなどの具体的なライターの安全基準は今回の政令とは別に、12月中にも経済産業省の省令で定める。

経済産業省は消費生活用製品安全法の施行令の一部を今年12月27日付で施行し、100円ライターを新たに特別特定製品に指定。販売の際に第三者機関の検査を受け、安全基準適合を示す「PSCマーク」を取得することが義務付けられる。

政令は新旧ライターの切り替え期間を来年9月27日までの9カ月間と定めており、その間にPSCマークの取得や販売店からの既存ライターの回収などを終える必要がある。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン