/

槙枝元文・元日教組委員長が死去

日教組委員長や総評議長を務めた槙枝元文(まきえだ・もとふみ)氏が4日午前9時15分、肺炎のため東京都内の病院で死去した。89歳だった。連絡先は喪主で長男の一臣氏の自宅の東京都練馬区石神井台2の5の26。お別れの会を行うが日取りなどは未定。

岡山青年師範を卒業後、青年学校の教員となり、1942年に召集。戦後、中学校教員を経て組合活動に入り、62年日教組書記長。71年委員長に就任、12年間務め「ミスター日教組」と呼ばれた。76~83年には総評議長を兼務。74年春闘での「日教組4・11全日スト」をめぐり地方公務員法違反(争議のあおり)に問われ、89年有罪が確定した。

83年から臨時行政改革推進審議会委員を務めたほか、86年日中技能者交流センターを創設、理事長に就任した。主な著書に「教育への直言」「日本の教師たち」など。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン