/

電子書籍で提訴権検討 文科相、海賊版対策で出版社に

下村博文文部科学相は5日の閣議後の記者会見で、電子書籍の海賊版対策として、出版社に新たな法的権利を与えることを検討する方針を明らかにした。出版社が作家と契約した上で、インターネット上の海賊版業者を訴えられるようにすることなどが柱。文化審議会で近く検討に入り、来年の通常国会での著作権法改正案の提出を目指す。

ネット上で横行する海賊版への対策が進めば、電子書籍の普及につながる可能性がある。

現行の著作権法は電子書籍の違法コピーに対して出版社が訴訟を起こせず、作家が訴訟を起こす必要がある。文化審は、作家が紙の書籍を出す際に出版社と結ぶ出版権設定契約の対象に電子書籍も含めることなどを検討し、出版社による提訴を可能にする。

超党派の国会議員や大手出版社などでつくる勉強会(座長・中川正春元文科相)が4日、出版社への新たな権利付与を求める提言をしていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン