佐村河内さん、米誌「現代のベートーベン」

2014/2/5付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

別人が作曲していたことが明らかになった佐村河内守さんは、米誌で「現代のベートーベン」と紹介されるなど、世界で評価されていた。

所属事務所のホームページなどによると、4歳のころ母親からピアノを教わり、中学・高校時代から作曲家を志望した。17歳のころに原因不明の片頭痛や聴覚障害が発症し、徐々に聴力が低下。症状を隠しながら1990年代にゲーム「バイオハザード」にオーケストラの楽曲を提供する…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]