幕末志士が時空超えアイドルに 高知でラジオドラマ

2012/7/5付
保存
共有
印刷
その他

未来のアイドルになった幕末志士を坂本竜馬がプロデュースする。高知県の高知放送が7日から、こんなラジオドラマを放送する。小野大輔さんら人気声優を起用し、アニメや歴史好きの"オタク女子"を引きつけ、高知の魅力を知ってもらうのが狙いだ。

番組の名称は「下野&羽多野の歴singレディオ」。ドラマは、武市半平太と岡田以蔵の2人が幕末から2025年にタイムスリップすると、そこには竜馬がいて、故郷の高知に隕石(いんせき)が衝突したと知らされる。

落ち込む県民を見た半平太と以蔵は、みんなを盛り上げようとアイドルユニットを結成。それを竜馬がプロデュースしていくというストーリーになっている。

番組は30分間で声優らによるトークもあり、企画した印刷会社「西村謄写堂」の西村啓専務(36)は「国内には30万人以上のオタク女子がいる。番組を聴いた女性たちが高知に来てくれたら経済活性化につながる」と期待している。

番組は毎週土曜の午後10時から放送。アニメ関連情報配信サイト「アニメイトTV」でも10日から毎週火曜、全国にインターネットで番組を配信する。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]