速報 > おくやみ > 記事

渡辺淳一氏が死去 「失楽園」「愛の流刑地」

2014/5/5付
保存
共有
印刷
その他

中高年の性愛を大胆に描いた「失楽園」などで知られる作家の渡辺淳一(わたなべ・じゅんいち)さんが4月30日午後11時42分、前立腺がんのため東京都内の自宅で死去した。80歳だった。告別式は近親者のみで行った。喪主は妻、敏子さん。

札幌医大で整形外科医として勤めるかたわら小説を執筆。札幌医大で行われた日本初の心臓移植手術(和田心臓移植事件)を題材にした小説を発表したのを機に大学を去った。1970年に「光と影」で直木賞、80年に「遠き落日」「長崎ロシア遊女館」で吉川英治文学賞を受賞した。

初期は医療などをテーマにした社会派作品が多かったが、後年は成熟した大人の恋愛を描いた作品が話題を集めた。日本経済新聞で連載した「化身」や「失楽園」「愛の流刑地」はいずれもベストセラーになった。

恋愛論や医療などをテーマとしたエッセーでも活躍。2007年に刊行した「鈍感力」は100万部を超える大ヒットとなった。直木賞や柴田錬三郎賞をはじめ、多くの文学賞の選考委員も務めた。

03年には紫綬褒章、菊池寛賞を受けた。

13年1月、日本経済新聞に「私の履歴書」を連載した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ