/

生活保護受給者が最多 13年12月、高齢者増える

厚生労働省は5日、全国で生活保護を受けている人が昨年12月時点で216万7220人となり、前月比で2363人増えたと発表した。3カ月連続で過去最多を更新した。

受給世帯数は2476世帯増の159万8072世帯で、こちらも過去最多だった。

厚労省は「高齢受給者の増加が続いているが、全体の増加ペースは過去と比べて落ち着いている」と説明している。

世帯別では、65歳以上の高齢者世帯が1533世帯増の72万2149世帯で、全体の約45%を占めた。働ける世代を含む「その他の世帯」は527世帯増の28万8546世帯で、全体の約18%だった。

昨年12月成立の改正生活保護法に盛られた不正受給対策の強化は、今年7月から施行される。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン