/

微生物酵素で燃料電池向け触媒 発電力、白金の1.8倍 九大

九州大学の小江誠司教授らの研究グループは、微生物が作り出す酵素を使った燃料電池向けの新しい触媒を開発した。発電時に水素から電子を取り出す白金の触媒に比べ、燃料電池の発電能力を1.8倍にすることができるという。今後、自動車メーカーなどと連携して高性能な燃料電池の実用化を急ぐ。白金を超える発電力を持つ触媒の開発は世界初という。

同研究グループは微生物などに存在する酵素「ヒドロゲナーゼ」に白金と同じような触媒としての機能があることに着目。大分県内にある九大施設周辺の土壌中の微生物から、特に高い効果を持つ酵素の採取に成功した。

燃料電池の触媒には現在、高価な白金などの貴金属を使っている。新しく開発した酵素による触媒を使うと白金に比べて637倍の電子を得られ、燃料電池としての発電力は1.8倍になることがわかった。触媒の製造コストも従来の約半分にまで抑えられるという。

研究グループは今後、この酵素を人工的に製造する方法の研究も進める。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン