/

岩手・陸前高田市、古本活用で被災図書館再建 業者と組み

東日本大震災の津波で市立図書館が被災した岩手県陸前高田市は、古本販売業のバリューブックス(東京)の協力を得て、図書館再建を支援する家庭や企業から不要になった書籍を古本として引き取り、代金を再建資金に寄付してもらう「陸前高田市図書館ゆめプロジェクト」を今月から始めた。

陸前高田市立図書館は約8万冊の蔵書を津波ですべて失い、現在も再建のめどが立っていない。

震災後、書籍寄贈の申し出が相次いだ。保存スペースがないためこれまでは断ってきたが「全国の厚意を無駄にしてはいけない」と、久保田崇副市長が中心になり、図書館再建につなげる新しい仕組みを考案した。

申し込みは5冊以上で、事前にバリューブックスに電話で連絡し、所定の用紙に記入して段ボールや紙袋に詰めて着払いで送付。同社は本を査定し、買い取り金額を申込者本人に代わって陸前高田市に寄付する一方、本はインターネットで古本として販売する。用紙はプロジェクトのホームページからプリントアウトできる。百科事典、雑誌などは対象外。

久保田副市長は「寄付の具体的な目標金額は定めていない。個人でも気軽に参加してほしい」と呼び掛けている。

申し込みの連絡、問い合わせはバリューブックス、フリーダイヤル0120・826295。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン