/

東電、原発事故直後の社内会議映像を一般公開

東京電力は5日、昨年3月の福島第1原子力発電所の事故直後から社内テレビ会議で記録した約5時間48分の映像を同社のホームページで新たに公開した。事故対応が後手に回った状況が改めて浮き彫りになった。

「マイカーのバッテリーを貸して」 資材の確保に困窮 東電が社内会議映像を新たに公開

「マイカーのバッテリーを貸して」 資材の確保に困窮 東電が社内会議映像を新たに公開

東電は今年8月6日、昨年3月11~15日に収録した約150時間分について報道関係者に限って1カ月間の閲覧を認めた。今回、新たに公開された映像はこの一部で、昨年3月12~14日に本店で記録された。音声も収録されている。

公開は、8月6日に約150時間のうち約1時間29分の映像を公開したのに続き、2回目。東電は「社員のプライバシーを保護するため」として、前回の公開と同様に、一般社員の顔にぼかしを入れ、一部に音声処理を施している。

東電は今後、事故から1カ月後の昨年4月11日までの映像も公開する方針。このうち3月16~22日と30日~4月5日の2週間分を11月中に公開するとしており、汚染水の海洋放出などの場面が含まれる見通し。残る部分は来年2月以降に公開する。全面公開を求める声は強いが、東電は引き続き、閲覧は報道関係者に限り、一般公開は一部の映像にとどめる方針。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン