富士山、入山料7000円なら登山者抑制の効果
京大教授が推計

2013/6/5付
保存
共有
印刷
その他

世界文化遺産への登録がほぼ確実となり、急増が予想される富士山の登山者数を抑えるのに効果的な入山料を京都大の栗山浩一教授(環境経済学)が推計し、5日までに発表した。登録後も登山者数を現在と同じぐらいに抑えるためには7千円を徴収する必要があるという。

栗山教授は、既に世界遺産となっている鹿児島県の屋久島や青森、秋田両県にまたがる白神山地の訪問者数が、登録後5年で3割以上増加したとのデータがあることを踏まえ、富士山でも2012年に約32万人だった登山者が、登録後には3割増の約41万人にまで増えると仮定した。

その上で、登山客が富士山を訪問するためのおおよその旅費を推定。入山料が加算されて旅費が高くなった場合、登山する人がどれだけ減るかを推測した。

その結果、入山料が500円や千円だと登山者数を抑制することはできず、現状と同程度の約32万人とするには7千円に設定する必要があるとはじきだした。

栗山教授は「登山者数を抑える効果を出すには高額な入山料を取らなければならず、実現は難しい。混雑時の入山規制や専門知識のあるガイド付きの入山者に限るなどの対策との組み合わせを検討すべきだ」と話している。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]