2019年7月23日(火)

豚の生レバーも食べないで 厚労省が注意喚起
食中毒の恐れ、都道府県に通知

2012/10/4付
保存
共有
印刷
その他

一部の飲食店で豚の生レバー(肝臓)が提供されているとして、厚生労働省は4日、「食中毒などの恐れがある」と店や消費者に注意喚起を求める通知を都道府県などに出した。牛の生レバー提供が7月に法律で禁止されて以降、法規制の対象外の豚レバ刺しなどを出す店が増えているとみられるが、同省は「豚レバーも加熱して食べて」と呼びかけている。

同省によると、豚の生レバーを巡っては2003年以降、サルモネラ菌やカンピロバクターなどによる食中毒が5件発生しているほか、E型肝炎を発症する危険性もある。死者は出ていない。

牛の生レバーは内部から毒性の強い腸管出血性大腸菌O(オー)157が確認され、加熱以外に殺菌する方法がないとして提供が禁止された。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。