/

サッカーW杯出場決定 渋谷交差点は厳戒態勢

サッカーワールドカップ(W杯)ブラジル大会最終予選、日本―オーストラリア戦があった4日夜、警視庁はJR渋谷駅前(東京・渋谷)のスクランブル交差点周辺で通行規制を実施した。サッカーの国際試合などの際、若者らが同交差点に集まって交通渋滞を起こす騒ぎが常態化。同庁は機動隊員ら数百人を配置し、通行人らに立ち入り自粛を求めた。

警視庁は同交差点の周囲約2キロを整理区域に指定。試合終了前の午後9時ごろから、通行人に区域に立ち入らないよう要請したほか、交差点を迂回して駅へ向かうよう促した。同交差点周辺の立ち入り制限は初めて。

この日もW杯出場が決まると、同交差点周辺には酒を飲んで興奮した若者らが集まった。大勢で「ニッポン。ニッポン」などと叫びながら交差点を渡る姿もあったが、大きな混乱にはならなかった。

同交差点では昨年の大みそかにも新年を祝う群衆が殺到。歩行者が交差点にとどまるなどして、長時間にわたって交通渋滞が起きた。

渋谷センター商店街振興組合の小野寿幸理事長は「過去に若者らに店舗の窓を割られるといった被害も生じた。雑踏事故の懸念があり、一定の規制は仕方ない」。

一方、渋谷駅近くに勤務する男性会社員(24)は「日本を明るくするニュースなので、たまには騒がせてあげてもいいのでは」と話していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン