/

高裁は名誉毀損認めず 島田紳助さんの週刊誌報道

暴力団と関わりがあるなどと報じた「週刊現代」の記事で名誉を傷つけられたとして、元タレントの島田紳助さんと吉本興業が発行元の講談社側に賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁(鈴木健太裁判長)は4日、110万円の賠償を命じた一審・東京地裁判決を取り消し、講談社側全面勝訴を言い渡した。

鈴木裁判長は「(過去にも)暴力団との関係を指摘する複数の報道があったのに、吉本興業側は真否を確認しなかった」などとして名誉毀損を否定した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン