2017年11月18日(土)

院内感染原因の緑膿菌、増殖抑え死滅 名大が技術開発

2014/2/5付
保存
共有
印刷
その他

 名古屋大学の渡辺芳人教授と荘司長三准教授らは、院内感染などの原因となる緑膿菌(りょくのうきん)を死滅させる技術を開発した。増殖に必要な鉄分の取り込みができなくなって死ぬ。複数の抗生物質(抗菌薬)が効かない多剤耐性緑膿菌にも効果があるとみている。独化学会誌(電子版)に5日発表した。

 緑膿菌は水回りや土中など身の回りにいる。健康な状態では問題はないが、高齢者や病人など体力が低下した人が感染すると死亡することもある。

 研究グループは緑膿菌が人間の体内で血液の鉄分を吸収して増殖することに注目し、構造が少し違う鉄分も取り込むことを突き止めた。青色の顔料などに使われる鉄化合物をたんぱく質とくっつけたところ、吸収した緑膿菌は増殖できなくなって死滅した。

 緑膿菌による院内感染では、抗菌剤を患者に投与しているが、使っているうちに菌が変異して効かなくなることも多い。新技術は緑膿菌の生命活動に関与しているため、耐性菌が生まれにくいとみている。今後、安全性を確認して治療薬の開発に生かす。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

渡辺芳人名古屋大学緑膿菌院内感染



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報