コメの産地偽装、過去最大量流通 農水省が業者に是正指導

2013/10/4付
保存
共有
印刷
その他

流通大手イオンが販売した弁当やおにぎりに中国産米が混入していた問題で、農林水産省は4日、コメを卸していた三瀧商事(三重県四日市市)と関連団体に対し、日本農林規格(JAS)法などに基づき、表示などを是正するよう行政指導した。

産地が偽装された可能性があるコメの流通量は過去最大の約4400トン。農水省は不正競争防止法違反容疑などでの刑事告発を検討している。

同省によると、三瀧商事は2010年10月~今年9月、イオン向けも含め愛知、岐阜、三重、滋賀、大阪の5府県の67業者に「国産米」として約4400トンを販売。これに中国産や米国産の約790トンが混入していた。

三瀧商事役員は同省の調査に「経営状況が悪くなり、亡くなった創業者のアイデアで05年から(産地偽装を)やっていた」と説明したという。

農水省は同社が加工用米約840トンを主食用として販売したことや、国内産の銘柄を偽装表示していたことも確認した。

三重県は4日、ほかに偽装に関与した四日市市の米穀加工業者など4社に改善を指示した。

イオンでは約670店舗で昨年12月~今年9月、「国産米」と表示して販売した弁当やおにぎりの一部に中国産のコメが混入していた。農水省は「食品の安全性には問題がない」としている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]