幻の戦闘機、設計図発見 ゼロ戦後継、群馬で

2013/4/5付
保存
共有
印刷
その他

太平洋戦争中に零式艦上戦闘機(ゼロ戦)の後継機として計画されながら、製造されずに終戦を迎えた幻の戦闘機「烈風改」(れっぷうかい)の設計図が、群馬県藤岡市出身の航空機設計者、堀越二郎氏(1903~82年)の遺品から見つかった。

戦後、GHQ(連合国軍総司令部)は航空機の開発資料の廃棄を命じていた。遺品の寄贈を受けた藤岡市の担当者は「個人的に持ち帰って保管するほど、技術者として強い思い入れがあったのだろう」と話している。

烈風改は、米軍のB29爆撃機に対抗し、飛行高度1万メートル以上を想定。日本海軍が三菱重工業に発注し、堀越氏が開発を統括した。

親族が2005年、資料や手紙など遺品約千点を市に寄贈。専門家が鑑定した結果、うち設計図17枚が烈風改のものと確認された。縦約60センチ、横約80センチの青図で、製図日は1944年6月~45年7月。機種名が分からないよう、記載欄は破り取られている。

ゼロ戦の設計も手掛けた堀越氏は、スタジオジブリの新作アニメーション映画「風立ちぬ」(今夏公開)で主人公のモデルになっており、市は7月中旬から企画展を開催し、設計図を公開する。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]