厚労省、台湾からのでんぷん輸入停止指示 違法添加物のおそれ

2013/6/4付
保存
共有
印刷
その他

厚生労働省は4日までに、台湾の業者から輸入されたでんぷんに食品衛生法で認められていない添加物「無水マレイン酸」が含まれている恐れがあるとして、全国の検疫所に輸入停止を指示した。同省によると、大量に摂取すると腎機能低下などを引き起こす恐れがある。これまでに健康被害の報告はないという。

問題のでんぷんは横浜市の輸入会社が今年1~4月に計約3トンを台湾から輸入した。横浜市は3日、食品衛生法に基づき立ち入り検査して在庫などを調査。同省によると、横浜市の会社は商品を自主回収している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]