/

電動二輪車「セグウェイ」シェアリング試験 産総研とつくば市

産業技術総合研究所(茨城県つくば市)は立ち乗り式電動二輪車「セグウェイ」のシェアリングシステムを開発し、4日から同市と共同で産総研の職員を対象に実証試験を始めた。

実験には4台のセグウェイを使用。つくばエクスプレスのつくば駅前近くの中央公園と約3.8キロ離れた産総研第2事業所本部・情報棟にセグウェイの専用ボックスを設置する。

産総研の職員がパソコンで予約した番号などを記録したQRコードをかざしてセグウェイを取り出し、ボックスに返却する。

つくば市は2011年3月から特区の認定を受けてセグウェイの公道実験を始めたが、公道で使用するには自転車などに乗った保安要員の伴走が必要。同市は保安要員がいなくても利用できるよう、年内にも国に規制緩和を求める方針だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン