/

鳥獣餌付け禁止条例案を提出へ 北海道、外来種対策も

北海道は希少な動植物を守るため、2月の道議会に鳥獣の餌付け禁止や外来種対策を盛り込んだ条例案を提出する。感染症の拡大や生態系が崩れることを防ぐためで、都道府県単位で条例を定めるのは珍しいという。

「生物多様性の保全に関する条例」(仮称)の素案によると、許可を受けた学術調査などの場合を除いて餌付け行為を禁止。中止勧告に従わなければ氏名や団体名を公表する。

道などによると、道内では冬鳥が集まる湖近くで、餌を売る露天商と自治体などとのトラブルが発生。パンで窒息死した水鳥も発見されている。観光客らが餌付けしたキタキツネが路上をうろつき、交通事故に遭う例も頻発している。

繁殖力が強いなど、生態系に影響を及ぼす恐れのある外来種を放したり植えたりすることも禁止。外来種の防除とともに希少種保護の監視・指導に当たる「生物多様性保護取締員」を設置するなど希少種対策も盛り込んだ。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン