最古人類のDNA解読 40万年前、スペインで化石発掘

2013/12/5 11:31
共有
保存
印刷
その他

 人類のDNAでは最古となる40万年前の初期人類の大腿骨に含まれるDNAを解読したと、ドイツやスペインの研究チームが5日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。

 この初期人類の化石はスペイン北部の洞窟で発掘。骨の外見は欧州などにいたネアンデルタール人に似ていたが、DNAの特徴はシベリア南部で見つかった別の初期人類デニソワ人とよく似ていた。チームは「それぞれの祖先が近縁だった可能性がある。同時期に生きていた複数の初期人類の関係を探る手掛かりになりそうだ」としている。

 ドイツのマックスプランク進化人類学研究所などのチームは、大腿骨から採取したサンプルを分析。母親から子供に受け継がれる細胞内小器官ミトコンドリアのDNAを解読し、年代を40万年前と推定した。

 チームによると、これほど古い初期人類のDNA解読の例はない。スペインの洞窟は化石の保存状態が良いため、チームはさらに遺伝子を採取して解析を進める。

 この初期人類は、ネアンデルタール人やデニソワ人と同様に現生人類とは別の絶滅した系統とみられる。(ワシントン=共同)

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

関連キーワードで検索

DNADNA解読スペイン

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 10:46
2:00
関東 2:00
2:00
東京 16:26
2:00
信越 1:00
1:00
東海 14:00
13:06
北陸 12:00
2:00
関西 2:00
2:00
中国 10:50
10:30
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
11:06更新
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報