軽自動車が自転車100メートル引きずり2歳女児死亡 東京・狛江

2013/6/4付
保存
共有
印刷
その他

4日午前11時ごろ、東京都狛江市西野川の市道で、主婦、服部貴子さん(35)=狛江市西野川3=が運転する自転車が軽乗用車に追突された。自転車は約100メートル引きずられ、幼児用座席に乗っていた長女の綾子ちゃん(2)が全身を強く打って死亡した。貴子さんも重傷。

警視庁調布署は軽乗用車を運転していた自営業、高橋敏男容疑者(72)=狛江市中和泉5=を自動車運転過失傷害の疑いで現行犯逮捕した。同致死傷容疑に切り替えて調べる。

調布署によると、高橋容疑者は事故時の状況について「腹が痛くなって前かがみになっていた」「自転車にぶつかった後、ブレーキとアクセルを踏み間違えたかもしれない」などと供述しているという。

現場は住宅街の一角で幅約6メートルの直線道路。道路左側を走っていた自転車に軽自動車が追突、自転車は車と路面に挟まれた形で約100メートル引きずられ、民家の塀にぶつかって止まった。

貴子さんは途中で投げ出されたが、シートベルトを着用していた綾子ちゃんは車が止まるまでひきずられたという。

高橋容疑者は事故直前にも現場から約300メートル手前の民家の塀など2カ所に激突していたといい、同署が運転時の状況を詳しく調べる。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]