/

ジャニーズが飼育費など負担 仙台へのパンダ貸与

ジャニーズ事務所が東日本大震災の復興支援のため設立した一般財団法人「マーチングJ財団」(東京・港)は4日、仙台市が中国から借り受けを目指しているジャイアントパンダの飼育に必要な費用を支援すると発表した。パンダ舎の建設や輸送費用、飼育費など、負担は総額で数十億円になる見通し。

同財団の佐藤俊一理事長が同日、仙台市の奥山恵美子市長に伝えた。奥山市長は「まだ課題は多いが、初期経費を支援していただけることは(貸与)実現への大きな一歩だ」と述べた。中国側との具体的な調整を進めて早期実現を目指す。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン