/

インプラントの死亡事故で有罪 歯科医に東京地裁判決

東京都中央区の歯科医院で2007年、顎の骨に人工歯根を埋め込む「インプラント手術」を受けた女性(当時70)が死亡した事故で、業務上過失致死罪に問われた院長、飯野久之被告(68)に東京地裁は4日、禁錮1年6月、執行猶予3年(求刑禁錮2年)の判決を言い渡した。弁護側は控訴する方針。

弁護側は無罪を主張したが、吉村典晃裁判長は「文献などで危険性は以前から知られていた」と述べ、被告の過失を認定した。

そのうえで「安全性や有用性に問題があるとされていた手術方法を疑問を抱くことなく採用した。臨床歯科医に期待される努力を怠った」と批判した。

判決によると、飯野被告は07年5月、女性の顎の骨をドリルで削り歯根を埋め込むくぼみを作る際、注意義務を怠り、骨の下の動脈を傷つけ、大量出血による気道閉塞で窒息死させた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン