2019年3月26日(火)

JR西、広島の廃止路線を一部復活

2013/2/4付
保存
共有
印刷
その他

JR西日本と広島市は4日、広島市北部を走るJR可部線の廃止路線を一部復活させると発表した。現在の終点「可部」駅から西に約1.6キロメートル延伸し2駅を新設、2015年春の開業を目指す。総事業費は約27億円。沿線の住宅地開発で人口が増加傾向にあり、採算が保てると判断した。

JRが廃止路線を復活させるのは全国で初めて。

可部線は利用者の減少を理由に可部―三段峡間(約46キロメートル)が03年に廃止。住民らの要望を受けて可部―旧河戸区間の復活について市やJR西が協議を進めていた。

延伸には廃線敷を活用し、旧河戸駅付近の県営住宅跡地に新たな終点駅、可部駅との間に中間駅を設置。費用はJR西が電車や設備の設置・保守、市が駅舎やホームの整備を負担し同社に無償提供する。同社は1日当たりの乗車人員を終点駅で1100人、中間駅で900人と見込んでいる。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報