/

原子力機構理事長、茨城知事に陳謝 放射性物質漏れで

茨城県東海村の加速器実験施設「J-PARC」の放射性物質漏れ事故で、日本原子力研究開発機構の松浦祥次郎理事長は4日、就任あいさつで同県庁に橋本昌知事を訪ね「住民に心配をかけ、遺憾に思っている」と陳謝した。事故の背景を「加速器の強いビームが及ぼす結果への予想が十分でなかった」と説明した。

橋本知事は「放射性物質を扱っている意識が低かったのではないか」と指摘。大学院生など施設の利用者全員への十分な教育を求めた。県などへの通報遅れを教訓に「原則通報」のルールづくりも要請した。

松浦氏は安全管理システムについて報道陣に「過重にやると実効性が薄くなることもある。科学的、技術的なバランスをとる」と語った。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン