アーバンエステート創業者ら4人逮捕 工事代金詐取の疑い

2011/1/4付
保存
共有
印刷
その他

埼玉県川口市の注文住宅販売会社「アーバンエステート」=2009年3月に自己破産=の旧経営陣が、破綻状態になった後に顧客から工事代金をだまし取っていたとして、埼玉県警は4日、詐欺の疑いで創業者の永井昭四郎容疑者(61)、元社長、大山伸吾容疑者(47)と元役員ら計4人を逮捕。両容疑者宅などを家宅捜索した。

4人の逮捕容疑は、自己破産申請前の09年3月中旬、工事ができない状態なのに千葉市の公務員男性(33)ら男女計8人と住宅建設の請負契約を結び、契約金計約1600万円をだまし取った疑い。

県警によると、永井容疑者は「詐欺はしていない」と否認、大山容疑者は容疑を認めている。

捜査関係者などによると、同社は「値引きする」「オプションが無料になる」などと持ち掛けて前払いを勧めていた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]