/

インド版「巨人の星」完成 現地で12月下旬から放映

(更新)

往年の人気野球漫画「巨人の星」をクリケットに置き換えたインド版のアニメが4日までに完成した。23日から週1回、インドのテレビで半年間にわたり放映される。

インドでは近年、「ドラえもん」「クレヨンしんちゃん」などが放映され、日本アニメのファンが急増。クリケットはインドの国民的スポーツ。新たな"スポ根アニメ"も人気を呼びそうだ。

アニメの題名は「スーラジ ザ・ライジングスター」。スーラジはインドの公用語ヒンディー語で太陽を意味する。漫画の出版元、講談社が中心となり、日印で共同制作された。

原作の星飛雄馬に当たる主人公スーラジが努力と猛特訓の末にクリケットの世界でスター選手に成長していく姿を描く。「大リーグボール」に替わる魔球や、「養成ギプス」なども登場する。

番組は、成長が続くインド市場で事業拡大を進めるスズキのインド子会社マルチ・スズキなど日系企業5社が協賛。飛雄馬のライバル、花形満役の人物が同社の車に乗る場面を設けるなど、アニメの登場人物が日本製品の宣伝に一役買う手法も話題になりそうだ。

ニューデリーの在インド日本大使館で4日、完成披露の式典が行われ、原作の作画を担当した川崎のぼるさんは「(巨人の星のテーマである)夢、友情、家族愛はインドでも必ず受け入れられると信じている」と語った。(ニューデリー=共同)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン