/

3D携帯ゲーム、幼児は控えめに 任天堂が注意喚起

任天堂は4日までに、裸眼で3D(立体)映像を楽しめる新型の携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」について、6歳以下の子どもは長時間の3Dでの使用を控え、2D(平面)モードで使用するよう注意喚起した。

3D映像は長時間視聴すると眼精疲労などが起こりやすいと専門家が指摘しており、成長過程にある子どもへの影響を考慮した。3DSは3D効果を効果なしから最大まで自由に調整できるが、保護者が暗証番号を入力すると子どもの3Dでの使用を制限できる機能も搭載する。

今月から千葉市などで開催する体験会では、6歳以下は2Dでの使用に限る。3DSは2月26日の発売予定。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン