/

出版社の法的権利、電子に拡大提言 超党派の議員ら

超党派の国会議員や大手出版社、作家らでつくる「印刷文化・電子文化の基盤整備に関する勉強会」(座長=中川正春元文部科学相)は4日、電子書籍の普及や海賊版対策のため、出版社に電子出版に関する法的権利を与える著作権法改正を提言した。

作家らが紙の書籍を出版する際に出版社と結ぶ出版権設定契約を電子出版にも拡大し、出版社が自らインターネット上の海賊版業者を訴えられるようにすることを求めた。著作権に準じる「著作隣接権」を出版社に与える案は見送った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン