/

小保方氏「多くの方に迷惑をかけた」 STAP論文撤回

理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーは4日、英科学誌ネイチャーのSTAP細胞論文の撤回を受けてコメントを発表。論文の不備について「筆頭著者である私の至らなさが招いた結果」と反省。「多くの方に多大なご迷惑をおかけしてしまったことを重ねておわび申し上げます」と陳謝した。

その上で「STAP現象・STAP細胞の存在を実証するために最大限の努力をしてまいる所存です」とし、11月末まで参加が認められている理研の検証実験に専念する考えを示した。

論文が撤回されることを受け、笹井芳樹副センター長ら他の共著者は既にコメントを発表している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン