東大など国内5大学サイバー攻撃 ハッカー集団声明

2012/10/4 13:02
保存
共有
印刷
その他

東京大や京都大など国内の5大学が国際的ハッカー集団を名乗る「ゴーストシェル」のサイバー攻撃を受けたことが4日、捜査関係者への取材で分かった。学生や教職員のデータとみられる情報がゴーストシェルのサイトに掲載された。

警察当局は、不正アクセス禁止法違反などにあたる可能性があるとみて、被害状況について情報収集を進めている。

捜査関係者などによると、ゴーストシェルは1日、大学教育、教育制度への批判とともに、世界の主要100大学をターゲットにサイバー攻撃を仕掛けたとする声明をサイトに掲載。

声明で攻撃対象とされたのは、米ハーバード大やスタンフォード大、英ケンブリッジ大など世界の名門大学のほか、東大、京大、東北大、名古屋大など日本の5大学の名前も含まれていた。教職員や学生の氏名、メールアドレスなどが抜き取られ、サイトに掲載された可能性がある。東大広報課は「現在、攻撃を受けた可能性があるサーバーを休止し、事実関係を確認している」としている。

ゴーストシェルが公開したリストには「Osaka University」と大阪大を指すとみられる記述もあるが、実際に攻撃を受けたのは大阪市立大だった。大阪市立大によると、大学院に所属する学生の名前と論文が掲載されたサーバーに侵入された形跡があったという。

ゴーストシェルは今年に入り、米国の政府機関やウォール街などの企業へのサイバー攻撃を繰り返しているハッカー集団。今年6月に日本の政府機関などに攻撃を仕掛けた「アノニマス」とも関係が近いとされる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]