がれき広域処理、9割近くが「進めるべき」
内閣府調査

2012/8/4付
保存
共有
印刷
その他

内閣府が4日発表した「環境問題に関する世論調査」によると、東日本大震災で発生した岩手、宮城両県の廃棄物(がれき)を他の都道府県で処理する広域処理について「進めるべきだ」「どちらかといえば進めるべきだ」と回答した人が合計で88.3%に達した。地域別では関東地方が92.4%と最も多かった。

調査は6月7~17日、全国の20歳以上の3千人を対象に実施し、有効回答率は63.7%。政府による広域処理の世論…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]