/

死因は出血性ショック 北海道・壮瞥の男性遺体

北海道壮瞥町の民家で住民の無職、今上常久さん(75)の他殺体が見つかった事件で、伊達署は4日、司法解剖の結果、死因は背中などを刃物で刺されたことによる出血性ショックだったと明らかにした。

今上さんの遺体は3日、自宅の裏口付近で見つかった。伊達署は同居の次男(45)が死亡の経緯を知っているとみて、任意で事情を聴いている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン