/

13カ月ボートで漂流か、南太平洋で男性救助 「魚捕り食べた」

【ロサンゼルス=共同】南太平洋のマーシャル諸島で、ボートで漂着したエルサルバドル人の男性が救助された。男性は2012年12月下旬、メキシコ沖から流されて漂流。魚を食べ、雨が降らない間はカメや鳥の血を飲んで生き延びたと話しており、事実とすれば約13カ月かけて1万キロ以上を漂流したことになる。

AP通信によると、男性の話を「信じられない」としている同諸島の政府当局者もいる。同諸島はメキシコ政府に問い合わせるなどして、情報を集めている。

この男性はメキシコ南部チアパス州に住んでいたというホセ・アルバレンガさん(37)。髪やひげはぼうぼうに伸び、足は痩せ細って歩くのが困難だが、健康上の大きな問題はないもよう。

アルバレンガさんが救助された後に話したところでは、同州から10代後半の少年と一緒に全長約7メートルのボートでサメ漁に出た際に嵐に遭い、流されて帰れなくなった。少年は1カ月ほどで死亡した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン