2019年2月22日(金)

全柔連専務理事「厳正な処分が必要」 天理大部内暴力

2013/9/4付
保存
共有
印刷
その他

天理大柔道部で部内暴力があった問題で、全日本柔道連盟(全柔連)の近石康宏専務理事は4日、「まず真相解明を急ぐが、厳正な処分が必要。もたもたしていられない」と述べ、大学側からの報告を受けた上で全柔連として処分を検討する見通しを明らかにした。

近石専務理事によると、連絡を受けた宗岡正二全柔連会長は「柔道界が暴力集団と思われないようにスピード感をもってやらないといけない」と危機感を示したという。8月21日の新体制発足直後に発覚した問題に、近石専務理事は「体育会の悪弊。特に柔道はそういうことを良しとするムードを引きずっている」と語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報