/

埼玉県内で千棟超損壊 竜巻被害

埼玉、千葉両県で2日に発生した竜巻で、埼玉県内の家屋損壊が千棟を超えることが4日、埼玉県越谷市と松伏町への取材で分かった。

2市町によると、越谷市では896棟が損壊し、うち13棟が全壊。松伏町では106棟の損壊が確認された。千葉県野田市で153棟の損壊が判明しており、両県の家屋被害は計1155棟に上った。

埼玉県の上田清司知事と千葉県の森田健作知事は、国に被災者生活再建支援制度の適用を求める方針を表明。同制度は「1つの市町村で10軒以上が全壊」などの条件があり、適用されれば住宅再建や賃借の費用として、国などから最大300万円が支払われる。

東京電力埼玉支店によると、越谷市で停電していた約800世帯への送電が可能となり、同日朝までに約600世帯が復旧。残る約200世帯は家屋や引き込み線の損壊などのため停電が続いている。

また、政府調査団(団長・亀岡偉民内閣府政務官)は4日午前、森田知事とともに野田市の被災現場を視察。3日の越谷市に続く視察で、内閣府のほか、国土交通省や農林水産省、消防庁などのメンバーが防災服姿で屋根や窓が壊れた住宅を見て回り、市の担当者から被害状況を聴取した。

気象庁によると、竜巻被害は、さいたま市岩槻区から茨城県坂東市にかかる長さ約19キロ、幅100~200メートルの範囲に広がっている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン